今読んでいる本

nalblog.com なんとかなる、なんとかする。今読んでいる本 今読んでいる本をざっと書いてみる。    コケの自然誌/ ロビン・ウォール・キマラー 著 | 三木直子 訳 サボリ上手な動物たち/佐藤克文・森阪匡通 著 和色の見本帳/ランディング 著 有機農業がひらく可能性/中島紀一・大山利男・石井圭一・金 氣興 著 働く人の目の強化書/中川和宏 著 日常的世界の探究/山岸 健・山岸美穂 著 A Dog's Journey / W. Bruce Cameron 著 時は過ぎ行く/田山花袋 著   上三つは、図書館で立ち読みしながら選んだ本。下三つは、気になるワードを検索して出てきた本を借りてみました。テレビを観る代わりに、スマホで読み物する代わりにと思って、気分で読みたいものを一番通る所の棚に何冊か立て掛けておきます。通りすがりにちょっと立ち読みする感じで読んでいるのですが、今回借りている本は、『和色の見本帳』と『働く人の目の強化書』以外は、どうやら腰を落ち着けてじっく読むタイプのものなので、早起きして時間をとってちゃんと読もうかなと思っています。A Dog's Journeyは、犬目線で物語が進んで行くところが面白く読み易いのですが、3章あたりで悲しい展開になり朝から切なくなったので、読むのを辞めています。『時は過ぎ行く』は、内容よりも、古い本の活版印刷の良さを味わいながら文字を追うだけな感じですが、漢字には全部ふり仮名が付いているし、読んでいておもしろい。ちょいちょい読んでいます。多分、今が人生で一番本を読んでいる時期のような気がします。分からない言葉や読めない漢字は調べながら読むのですが、これが面白い。高校一年の時に漢字も国語も諦めたので、勉強することは山程(笑)意識的に本を読むようにしてから、言葉が出やすくなったような気がします。英語は英語で勉強したため、英語で知っていても日本語で知らないことがあったりで変換できないことがあったのですが、英語から日本語への変換もスムーズに。良かった、大分落ち着きました。これで新しい言語を勉強する準備ができました。これからが楽しみです。

 

 

今読んでいる本をざっと書いてみる。

 

  • コケの自然誌/ ロビン・ウォール・キマラー 著 | 三木直子 訳
  • サボリ上手な動物たち/佐藤克文・森阪匡通 著
  • 和色の見本帳/ランディング 著
  • 有機農業がひらく可能性/中島紀一・大山利男・石井圭一・金 氣興 著
  • 働く人の目の強化書/中川和宏 著
  • 日常的世界の探究/山岸 健・山岸美穂 著
  • A Dog's Journey / W. Bruce Cameron 著
  • 時は過ぎ行く/田山花袋 著

 

上三つは、図書館で立ち読みしながら選んだ本。下三つは、気になるワードを検索して出てきた本を借りてみました。テレビを観る代わりに、スマホで読み物する代わりにと思って、気分で読みたいものを一番通る所の棚に何冊か立て掛けておきます。通りすがりにちょっと立ち読みする感じで読んでいるのですが、今回借りている本は、『和色の見本帳』と『働く人の目の強化書』以外は、どうやら腰を落ち着けてじっく読むタイプのものなので、早起きして時間をとってちゃんと読もうかなと思っています。A Dog's Journeyは、犬目線で物語が進んで行くところが面白く読み易いのですが、3章あたりで悲しい展開になり朝から切なくなったので、読むのを辞めています。『時は過ぎ行く』は、内容よりも、古い本の活版印刷の良さを味わいながら文字を追うだけな感じですが、漢字には全部ふり仮名が付いているし、読んでいておもしろい。ちょいちょい読んでいます。

多分、今が人生で一番本を読んでいる時期のような気がします。分からない言葉や読めない漢字は調べながら読むのですが、これが面白い。高校一年の時に漢字も国語も諦めたので、勉強することは山程(笑)意識的に本を読むようにしてから、言葉が出やすくなったような気がします。英語は英語で勉強したため、英語で知っていても日本語で知らないことがあったりで変換できないことがあったのですが、英語から日本語への変換もスムーズに。良かった、大分落ち着きました。これで新しい言語を勉強する準備ができました。これからが楽しみです。