秋のお知らせと、放置プレイの利点。

 

A photo posted by Yuko Yamada (@yuko.y_photo) on

 

 


秋の知らせ、といえば、

紅葉した山、木々、

スズムシ、コオロギ、虫の声。


日本の四季はすばらしい〜!


春は桜、夏はセミの鳴き声、


何かしら次の季節がくるサインがある。



メルボルンにも四季はあるんだけど、


1週間おきに天気が違う。


先週は夏が終わったかと思うくらい寒かったのに、次の週はまた夏に逆戻り。

なんだかハッキリした季節のお知らせがないんだと思ってた。。


でも、発見!


1階のサロンでは、コオロギが秋の訪れを知らせております。


シャワー台の後ろから。


コオロギが鳴き始めてから2、3日は新しいセキュリティかなんか入れたのかと思ってた。


大家さんに聞いたら、


「もぉやぁね〜、コオロギがいるのよ〜!私が2階に住んでた時からずっと」


いや〜、それ4年前とかでしょ?


代々子孫残してんだね〜、このコオロギたち。



でも、一体何食べてんでしょうね?


シャワー台の裏にはキュウリとかないだろうし……




ま、いいや。


考えてもキリないし(*´▽`)



最近考える事に疲れました。



航空券の事、帰国の事、引っ越しの事。



どんだけ考え巡らせても、なにか引っかかって最終的な行動に移せない。


そしてストレスがたまる。


だったら、いっその事考えるの辞めて、放置してしまおう!



「放置プレイ」


針仙人さんが言うなれば、そんなところでしょうか。


今、放置プレイに走ってます。


今は積極的に行動する時じゃないのかもしれません。



バスケしてた時は、


攻めのディフェンスから速攻で点取る、

オフェンスはスピードで突っ込む、

いわゆる、「猪突猛進プレイ」ですね。


そんなプレイしかできなかった。

結構疲れるんですよ、あのプレイ。負担が大きい。



「一瞬力を抜いて周りを見渡してみる」



って言う事ができなかったな。。



じいちゃんの訃報聞いた時も、猪突猛進プレイをしそうになりました。



でも、思いとどまった私。



それも何もかも、この金髪ヘアのお陰です。



で、あ〜もうや〜めたっ!って放置プレイを決めたら、


ちょっと冷静になれました。



まず一番は学校の手続きやらビザの事を確実にしてから、


地盤固めてから、次の事やらんとなぁ〜と


全部諦めたら、優先事項がハッキリ見えてきた。




「全部面倒くさくなって、投げ出した」



と言われれば、それは否めませんが、、、


どうしようもなかったんです。

その上での放置プレイですから。



しかーし、

引っ越しのこと、帰国の事、今は投げ出しましたが諦めた訳ではありません。



ちょっと間を置いて、また後で考える



そういうことです。



決断力がない時は、放置プレイに限りますよ(*´▽`)

 

こんな記事も読まれています

  • 向き合う勇気。
  • 本当の優しさって何ですか?
  • 3歩進んで2歩下がりつつ半歩前進。
  • 宙ぶらりん
  • オチのない話
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL