向き合う勇気。

先週の土曜の朝、

サロンのガールズが8時半に出勤してきた。


ガールズの足音で起きて、トイレ行って出たところで

ガールズと遭遇。。。


むっちゃ寝起きですけど、何か?



顔洗って一階に下りて、土曜の朝恒例のコーヒータイム。


ガールズの一人がもうすぐ誕生日を迎えると言う事で、年齢の話になった訳ですが、


そん時、私、後2ヶ月もすれば



25歳


じゃん?


って改めて気づかされた訳ですが、


「25?人生の4分の1だね〜!」


って言われた時、



ガーーーーーーーン……



もうそんなとこに来たの?私……(;~□~)



つい最近まで、ピンポンダッシュとかスケボーで坂道下って遊んだりしてたと思ってたけど?


もう青春とか言ってる年じゃない?


と、ショックを受け。。。




24年間を振り返って、

自分のキャリアには全く後悔はない。

ちょっと日本語教師になりたいとかいって、思い切って海外飛んで挫折して、

お父ちゃんお母ちゃんに援助してもらったのに

私一体何やってんだ〜〜〜〜〜(;>□<)


って病みに病んで、


それも含めても、多くを学んで大きくなれたと思ってます。


自分とちゃんと向き合って、自分が何になりたいのか、何をしたいのか、

考えられる。そういうことがちゃんとできてるし、それができるのは親のお陰であって、周りの人たちのお陰でもあって感謝してる。


でもね、親とか,周りの人たちとか、友だちとかと正面向かって接してきたかって言ったら,


そうじゃないんですよ。


私内弁慶だし、シャイだし、いろいろやってあげたい事があっても素直にやってあげられない。


優しい気持ちや素直な言葉なんか言ってこなかったな。



って。



自分がどう思われるかとか、嫌われるんじゃないかとか、傷つけるんじゃないかとか考えて、


結局何も言えない。嬉しさすら表現できない。


でも本当は自分が傷つくのが怖くて、結局相手を傷つけてきたんだと思う。



いつも逃げてた。







ある人と昔話をしてた時、


「傷つけたくなかったから何も言わなかった。逃げたんだよ。」


って正直に言ったら、


こんな言葉が帰ってきた。


「うん。でも何も言わなかったら、何も動き出さないよ。」








私にとっては、目からウロコで、


凝り固まったココロがふわぁ〜ってほぐれた瞬間でした。



あっけらかんと、


「あ、そっか。逃げるのや〜めたっ♪」


と思えた瞬間でした。



目の前の人と向き合う。



素直な気持ちを出す。



自分を解放する。



もう、逃げるのや〜めたっ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL