インスタグラム活用法。チラ見せ効果。

 

 

nalblog.com nalブログ。写真と旅と言葉たち。インスタグラム活用法。チラ見せ効果。インスタグラムで集客するにはどうすればいいか、  いろいろネットで調べてみました。   ・見ごたえのある写真を載せる  ・定期的に投稿する   この二つはマストみたいなのですが、  じゃあ、どんな写真をみたら見る人に「わぉ!」と思ってもらえるのか、  そしてそれが集客に繋がっていくのか、さっぱりつかめません。   とりあえず、いくつかあるアドバイスに沿って去年あたりからやってみているのですが、  まぁぼちぼちフォロワーさんも増え、全体的ないいねの数も増えてきたように思います。   ただ、いまいちこうパッとしないなぁーて感じなので、 今年からは、トータル美を追求してみることにしました。   (あ……、  遅ればせまして、明けましておめでとうございます!  そして今日はただの日記を書いています。)そう、トータル美。  インスタグラムのプロフィールを開いたときにフィードが一目見てギャラリーだとわかる美しさ。  フォロワー数が多い人やいいねが多いインスタグラマーさんを参考に見てみると、  写真一枚一枚が素敵なだけではなく、フィード全体に統一感があるんですね。  中には投稿する写真を横位置の写真に統一している方もいます。  そうすると程よい余白ができて見やすいのですが、 私のフィードの写真は縦横バラバラ、スクエアフォーマットも多いので、  フォーマットを合わせるというのは難しい……。  選べる写真も少なくなってしまいます。  定期的に投稿するには、ある程度の枚数が必要です。  最近は作品販売の作業や細かい作業もあるため、なかなか毎日新しく写真を撮るのが難しい状況です。  そうこうしているうちに思いついたのが、一枚の写真を3枚に分けて投稿する方法でした。  横位置(ランドスケープ)の写真をスクエアフォーマットで3枚に分割します。  6枚に分割することもできますが、そうするとなんだか一枚一枚がダレてくるので、  3枚とも構図が平均的に良くなるように調整します。  写真全体像を公開するのではなく、一番良い部分をお届けするという考え方です。  この方法のいいところはディテールを見せることができるのと、チラ見せ感がプラスされるところです。  さらにこの方法だと、プロフィールを開いたときにある程度の統一感が生まれます。  問題は、一枚一枚の画質と品質です。  画質はDSLRからの写真を使用するとして解決、それでもやっぱり一枚一枚に「わぉ!」と思えるような要素がないとやる意味がないなーと投稿してて思いました。一枚一枚に分割したときの構図も大切だし、被写体が何かもやっぱり大切。  またいろいろ試行錯誤してやってみようと思います。「ねこ」  写真:©2013 Yuko Yamada. All Rights Reserved. 撮影地:広島県広島市 使用カメラ:デジタル一眼レフCanon EOS Kiss X4 (550D) レンズ:EF 50mm f/1.8 II 三脚使用:なし

 

 

インスタグラムで集客するにはどうすればいいか、

 

いろいろネットで調べてみました。

 

 

・見ごたえのある写真を載せる

 

・定期的に投稿する

 

 

この二つはマストみたいなのですが、

 

じゃあ、どんな写真をみたら見る人に「わぉ!」と思ってもらえるのか、

 

そしてそれが集客に繋がっていくのか、さっぱりつかめません。

 

 

とりあえず、いくつかあるアドバイスに沿って去年あたりからやってみているのですが、

 

まぁぼちぼちフォロワーさんも増え、全体的ないいねの数も増えてきたように思います。

 

 

ただ、いまいちこうパッとしないなぁーて感じなので、

今年からは、トータル美を追求してみることにしました。

 

 

(あ……、

 

遅ればせまして、明けましておめでとうございます!

 

そして今日はただの日記を書いています。)

 

nalblog.com nalブログ。写真と旅と言葉たち。インスタグラム活用法。チラ見せ効果。インスタグラムで集客するにはどうすればいいか、  いろいろネットで調べてみました。   ・見ごたえのある写真を載せる  ・定期的に投稿する   この二つはマストみたいなのですが、  じゃあ、どんな写真をみたら見る人に「わぉ!」と思ってもらえるのか、  そしてそれが集客に繋がっていくのか、さっぱりつかめません。   とりあえず、いくつかあるアドバイスに沿って去年あたりからやってみているのですが、  まぁぼちぼちフォロワーさんも増え、全体的ないいねの数も増えてきたように思います。   ただ、いまいちこうパッとしないなぁーて感じなので、 今年からは、トータル美を追求してみることにしました。   (あ……、  遅ればせまして、明けましておめでとうございます!  そして今日はただの日記を書いています。)そう、トータル美。  インスタグラムのプロフィールを開いたときにフィードが一目見てギャラリーだとわかる美しさ。  フォロワー数が多い人やいいねが多いインスタグラマーさんを参考に見てみると、  写真一枚一枚が素敵なだけではなく、フィード全体に統一感があるんですね。  中には投稿する写真を横位置の写真に統一している方もいます。  そうすると程よい余白ができて見やすいのですが、 私のフィードの写真は縦横バラバラ、スクエアフォーマットも多いので、  フォーマットを合わせるというのは難しい……。  選べる写真も少なくなってしまいます。  定期的に投稿するには、ある程度の枚数が必要です。  最近は作品販売の作業や細かい作業もあるため、なかなか毎日新しく写真を撮るのが難しい状況です。  そうこうしているうちに思いついたのが、一枚の写真を3枚に分けて投稿する方法でした。  横位置(ランドスケープ)の写真をスクエアフォーマットで3枚に分割します。  6枚に分割することもできますが、そうするとなんだか一枚一枚がダレてくるので、  3枚とも構図が平均的に良くなるように調整します。  写真全体像を公開するのではなく、一番良い部分をお届けするという考え方です。  この方法のいいところはディテールを見せることができるのと、チラ見せ感がプラスされるところです。  さらにこの方法だと、プロフィールを開いたときにある程度の統一感が生まれます。  問題は、一枚一枚の画質と品質です。  画質はDSLRからの写真を使用するとして解決、それでもやっぱり一枚一枚に「わぉ!」と思えるような要素がないとやる意味がないなーと投稿してて思いました。一枚一枚に分割したときの構図も大切だし、被写体が何かもやっぱり大切。  またいろいろ試行錯誤してやってみようと思います。「ねこ」  写真:©2013 Yuko Yamada. All Rights Reserved. 撮影地:広島県広島市 使用カメラ:デジタル一眼レフCanon EOS Kiss X4 (550D) レンズ:EF 50mm f/1.8 II 三脚使用:なし

 

そう、トータル美。

 

インスタグラムのプロフィールを開いたときにフィードが一目見てギャラリーだとわかる美しさ。

 

フォロワー数が多い人やいいねが多いインスタグラマーさんを参考に見てみると、

 

写真一枚一枚が素敵なだけではなく、フィード全体に統一感があるんですね。

 

中には投稿する写真を横位置の写真に統一している方もいます。

 

そうすると程よい余白ができて見やすいのですが、

私のフィードの写真は縦横バラバラ、スクエアフォーマットも多いので、

 

フォーマットを合わせるというのは難しい……。

 

選べる写真も少なくなってしまいます。

 

定期的に投稿するには、ある程度の枚数が必要です。

 

最近は作品販売の作業や細かい作業もあるため、なかなか毎日新しく写真を撮るのが難しい状況です。

 

そうこうしているうちに思いついたのが、一枚の写真を3枚に分けて投稿する方法でした。

 

横位置(ランドスケープ)の写真をスクエアフォーマットで3枚に分割します。

 

6枚に分割することもできますが、そうするとなんだか一枚一枚がダレてくるので、

 

3枚とも構図が平均的に良くなるように調整します。

 

写真全体像を公開するのではなく、一番良い部分をお届けするという考え方です。

 

この方法のいいところはディテールを見せることができるのと、チラ見せ感がプラスされるところです。

 

さらにこの方法だと、プロフィールを開いたときにある程度の統一感が生まれます。

 

問題は、一枚一枚の画質と品質です。

 

画質はDSLRからの写真を使用するとして解決、それでもやっぱり一枚一枚に「わぉ!」と思えるような要素がないとやる意味がないなーと投稿してて思いました。一枚一枚に分割したときの構図も大切だし、被写体が何かもやっぱり大切。

 

またいろいろ試行錯誤してやってみようと思います。

 

 

nalblog.com nalブログ。写真と旅と言葉たち。インスタグラム活用法。チラ見せ効果。インスタグラムで集客するにはどうすればいいか、  いろいろネットで調べてみました。   ・見ごたえのある写真を載せる  ・定期的に投稿する   この二つはマストみたいなのですが、  じゃあ、どんな写真をみたら見る人に「わぉ!」と思ってもらえるのか、  そしてそれが集客に繋がっていくのか、さっぱりつかめません。   とりあえず、いくつかあるアドバイスに沿って去年あたりからやってみているのですが、  まぁぼちぼちフォロワーさんも増え、全体的ないいねの数も増えてきたように思います。   ただ、いまいちこうパッとしないなぁーて感じなので、 今年からは、トータル美を追求してみることにしました。   (あ……、  遅ればせまして、明けましておめでとうございます!  そして今日はただの日記を書いています。)そう、トータル美。  インスタグラムのプロフィールを開いたときにフィードが一目見てギャラリーだとわかる美しさ。  フォロワー数が多い人やいいねが多いインスタグラマーさんを参考に見てみると、  写真一枚一枚が素敵なだけではなく、フィード全体に統一感があるんですね。  中には投稿する写真を横位置の写真に統一している方もいます。  そうすると程よい余白ができて見やすいのですが、 私のフィードの写真は縦横バラバラ、スクエアフォーマットも多いので、  フォーマットを合わせるというのは難しい……。  選べる写真も少なくなってしまいます。  定期的に投稿するには、ある程度の枚数が必要です。  最近は作品販売の作業や細かい作業もあるため、なかなか毎日新しく写真を撮るのが難しい状況です。  そうこうしているうちに思いついたのが、一枚の写真を3枚に分けて投稿する方法でした。  横位置(ランドスケープ)の写真をスクエアフォーマットで3枚に分割します。  6枚に分割することもできますが、そうするとなんだか一枚一枚がダレてくるので、  3枚とも構図が平均的に良くなるように調整します。  写真全体像を公開するのではなく、一番良い部分をお届けするという考え方です。  この方法のいいところはディテールを見せることができるのと、チラ見せ感がプラスされるところです。  さらにこの方法だと、プロフィールを開いたときにある程度の統一感が生まれます。  問題は、一枚一枚の画質と品質です。  画質はDSLRからの写真を使用するとして解決、それでもやっぱり一枚一枚に「わぉ!」と思えるような要素がないとやる意味がないなーと投稿してて思いました。一枚一枚に分割したときの構図も大切だし、被写体が何かもやっぱり大切。  またいろいろ試行錯誤してやってみようと思います。「ねこ」  写真:©2013 Yuko Yamada. All Rights Reserved. 撮影地:広島県広島市 使用カメラ:デジタル一眼レフCanon EOS Kiss X4 (550D) レンズ:EF 50mm f/1.8 II 三脚使用:なし

 

「ねこ」

 

写真:©2013 Yuko Yamada. All Rights Reserved.

撮影地:広島県広島市

使用カメラ:デジタル一眼レフCanon EOS Kiss X4 (550D)

レンズ:EF 50mm f/1.8 II

三脚使用:なし

 

 

 

こんな記事も読まれています

  • 雲の形
  • ひとり旅、世界へ
  • 写真と言葉 - 気のせい
  • 写真と言葉 - 同じ空の下
  • 写真と言葉 - 水たまりに映る君
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL