空と雲と大地

 

 

 

 

とおく

 

遠く

 

どこまでも

 

つづいていく。